2019年10月03日 | イベント, 未分類

門司港駅長が初登場!第26回鉄道フェスティバル




JR九州東京支社では、10月12日(土)~13日(日)に東京・日比谷公園で開催される第26回「鉄道フェスティバル」にブース出展を行う。

目玉企画として、鉄道駅として国内初の重要文化財に指定され、本年3月に大正時代の姿に復原した門司港駅(福岡県北九州市)とコラボ。門司港駅長が本フェスティバルに初登場し、門司港をPRするとともに、記念撮影会を実施する。また、「鉄聞」グッズ新商品の先行発売を行うとともに、東京では、今ここでしか出会えない「Go! Waku Waku trip with MICKEY」プロジェクトのオリジナルグッズ(九州限定販売)を本フェスティバルにて限定販売する。さらに、東京支社の公式SNSをフォローすると、オリジナルグッズが当たるガラポン抽選会や鉄道グッズの販売も行う。

2019年3月に、創建した大正時代の姿に復原し、グランドオープンした「門司港駅」から駅員が初登場し、門司港の魅力をPR。
九州では同駅の駅員だけが着用している大正レトロを感じる制服を着用して、駅長達と一緒に記念撮影もできる。(門司港駅の制服は大人用のみ)

 

10月号の特集は「消費税増税後に 家は買うべき!?」です。

そして10月号のプレゼントもチェック! ぜひ紙面をご覧の上、ご応募ください!!
→ プレゼント応募ページへ

 

2019年9月26日(木)発刊

中身を確認