2017年04月14日 | エリアニュース

アミュプラザ小倉 地下1階 4/25オープン


既報で改装工事中の、アミュプラザ小倉 地下1階が、2017年(平成29年)4月25日(火)10時にオープンすることがわかった。(写真は4月14日撮影、イメージは小倉ターミナルビル株式会社提供)

 

小倉ターミナルビル株式会社は、今回の地下1階のリニューアルは、アミュプラザ小倉の地下1階と1階の2フロアを、暮らしにさらなる彩りを加える、毎日使える、毎日役立つ、便利で楽しいマーケットとして、「AMU KITCHEN(アミュキッチン)」として生まれ変わる第1弾としている。

 

第1弾となる今回の地下1階リニューアルポイントは、毎日立ち寄れて、毎日役立つ、便利で元気な駅ナカ市場をコンセプトにした、デイリーフードマーケットで、店舗数は9店舗で、売場面積約2,000㎡、新規出店5店舗、改装4店舗で、北九州初・新業態が2店舗、イートイン併設が3店舗となっている。

 

北九州初出店の新規店舗は、玄米おむすびの「峠の元氣屋」(元氣屋本舗株式会社)で、新業態の2店舗は、洋惣菜の「ヴィエント&テーブル」(株式会社丸ふじ)と、ミートデリカの「ミートデリカ静」(シズカコーポレーション株式会社)だ。

 

その他の新規出店は、100円ベーカリーの「阪急ベーカリー」(株式会社阪急B&Cプランニング)、100円ショップの「キャンドゥ」(株式会社キャンドゥ)、かしわうどん/弁当の「北九州駅弁当」(北九州駅弁当株式会社)となっている。

 

改装店舗は、スーパーマーケットの「レッドキャベツ」(株式会社レッドキャベツ)、ドラッグストア「クックチャム」(株式会社クックチャムプラスシー)で、イートインスペースが併設される店舗は、「峠の元氣屋」と、「北九州駅弁当」、「ミートデリカ静」の3店舗となっている。

 

また第2弾となる1階は、店舗数20店舗、売場面積約1,000㎡で、開業日は今年2017年(平成29年)7月中旬を予定していて、いつでも使える、いつでも楽しい、毎日の帰り道をコンセプトにした、カフェ、和洋スイーツを中心としたパーソナルギフトフロアとする計画だ。

続報→「アミュプラザ小倉 地下1階 本日オープン」(2017.4.25)

タグ : , , , , , , , , ,