2017年10月13日 | エリアニュース

JR城野駅南側地区の整備開発計画


JR城野駅北側は、「みんマイ」10月号でも特集している通り、開発が進んでいるが、駅南側の整備開発計画も進んできている。(写真は10月4日撮影)

 

昨年2016年(平成28年)1月19日に城野駅南側地区の小倉南区城野1丁目の国有地の開札が行なわれ、大和ハウス工業株式会社が落札・契約していたが、現地に「開発予告標識」が設置された。

 

現地の標識には、開発予定者として大和ハウス工業株式会社北九州支社、開発区域の面積9,030.34㎡、軽量鉄骨造1階建、用途は店舗、予定工事期間平成29年12月1日~平成30年2月19日までとなっているが、工事施工予定者は未定となっている。

 

落札・契約した土地は2物件で、あわせて16,365.82㎡だったことから、今回は1物件のみの開発予告だと思われる。

 

大和ハウス工業株式会社は、住宅・商業・事業施設建築等幅広く手掛けていて、北九州地区においても、商業地開発等で豊富な実績を持ち、地域の活性化にも貢献している。



タグ : , , , , ,