2018年01月06日 | エリアニュース

井筒屋横 川沿い紫江’S「びっくりドンキー」閉店





井筒屋本館とリバーウォークの間で、紫川沿いにある「紫江’S」の1階「びっくりドンキー小倉紫江’S店」(北九州市小倉北区船場町1-2)が昨年末の2017年(平成29年)12月25日(月)で閉店していたことが読者からの情報などでわかった。(写真は1月5日撮影)

 

井筒屋本館から紫川方面に出てすぐの建物「紫江’S」の旧電車道側1階にあって、若者と若い家族を中心に人気のレストランだ。

 

現地はすでに「びっくりドンキー」の看板等は外されていて、店内機器の取り外し等が行われている。

 

店頭には閉店のお知らせとして、「平素よりびっくりドンキー小倉紫江’S店をご利用いただき誠にありがとうございます。この度当店は12月25日(月)の営業終了をもちまして、閉店させていただくことになりました。長年にわたりご愛顧賜りましたこと、従業員一同心よりお礼申し上げます。びっくりドンキー小倉紫江’S店 店長」という貼紙がされている。

 

「紫江’S」には、「びっくりドンキー」のほかに、トラットリア「プリマヴェーラ」、 聘珍樓(へいちんろう)、ビーフキッチン 菜好牛などが出店している。

 

「紫江’S」の隣には、「紫江’SⅡ」もあって、こちらはタリーズコーヒーやラ・パペリーナ、クラメール パリが入居している。

 

小倉紫江’S店閉店後、びっくりドンキーは、北九州市内に折尾浅川店・小倉中津口店・黒崎店・イオンモール八幡東店・サニーサイドモール小倉の5店舗となる。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , , , ,