2018年01月17日 | エリアニュース

小倉の有名たまご専門店「卵家」閉店ショック





小倉の有名な「たまご専門店 卵家(らんや)」(北九州市小倉南区湯川4丁目3-11)が、昨年末2017年(平成29年)12月31日(日)で閉店した。(写真は1月18日撮影)

 

らんや食堂「親子丼」「ティータイム」の営業は、2017年(平成29年)10月31日(火)で閉店していた。

 

店頭には、閉店のお知らせという貼紙がしてあり、「この度卵家は平成二十九年十二月三十一日をもちまして閉店いたしました 店主が古稀を迎え、また後継者もいないことから決心いたしました 二十三年間支えていただきました皆様のご愛顧に心から感謝申し上げます 卵家」と書かれている。

 

閉店後の、今年2018年(平成30年)1月12日(金)から14日(日)まで、卵かけ御飯に使っていたせいが窯の器や、デザート用に使っていた有田焼の黒角皿、製菓用大理石板などの処分市を行っていた。

 

卵家によると、「店主が古希(70歳)を迎え、スタッフ一同も高齢化し、また後継者もいないことから閉店を決心しました。」とのことで、近所の方に聞くと、「昨年9月末ごろには閉店の案内がされていたと思いますよ。」とのことだった。

 

卵家は、「健康卵」や「あべやまプリン」、「らんらんシュー」(シュークリーム)、「ベイクドチーズ」、「ロールケーキ」など人気の店で、卵用の醤油や酢、甘酒、味噌なども販売されていて、根強いファンが多かっただけに、閉店にショックを受けている人も多い。

 

上記は取材日時点の状況です。

続報→卵家の跡地にイートインスペースのあるケーキ店が出店計画(2018.4.21)

続報→「卵家」の跡地に「風菓」がオープン(2018.6.29)

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , ,