2018年01月20日 | エリアニュース

著名人も通った門司の老舗料亭「山水園」70年の歴史に幕





1947年(昭和22年)開業、門司で約70年の老舗料亭「山水園」(北九州市門司区広石2丁目2-32)が、2018年(平成30年)1月31日(水)で閉店する。

 

山水園は、関門海峡を一望できる高台に立つ料亭で、門司区役所のすぐ近くの国道3号線沿い、その昔は路面電車が走っていた道沿いから、階段を上がったところにあり、政財界や芸能界からも多くの客を迎えてきた老舗料亭だ。

 

地元の人は祝い事など特別な日に利用することも多く、高級料亭として憧れの店でもあった老舗なので、閉店を惜しむ声も多いが、後継者がなくやむなく閉店するとのことだ。

 

昨年2017年(平成29年)9月末、なじみ客約500人に閉店のあいさつ状を出していた。

 

最近はランチ営業も行い、女性グループにも人気になっていた。

 

惜しむ客が連日来店していると聞かれ閉店が本当に残念だ。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , ,