2018年02月03日 | エリアニュース

下曽根駅前レッドキャベツ跡地にダイレックスが出店計画





JR下曽根駅北口側で、既報の2016年(平成28年)2月29日(月)に閉店した、「レッドキャベツ曽根店」(北九州市小倉南区下曽根4丁目6-21 )の跡地に、ダイレックス株式会社による「ダイレックス下曽根店」の出店計画が進行中だ。(写真は2月1日撮影)

 

現地は、きれいに整地されて更地になっているが、まだダイレックス出店の案内表示等は何もない。

 

計画だと、新設をする日は2018年(平成30年)9月24日、店舗の面積1,918㎡、駐車場の収容台数84台、駐輪場の収容台数25台、荷さばき施設の面積66.0㎡、廃棄物等保管施設の容量20.86㎥、開店時刻は午前9時~閉店時刻は午後10時、駐車場利用可能時間帯は午前8時30分~午後10時30分、駐車場の出入口数2か所、荷さばき可能時間帯24時間となっている。

 

建物の規模は、建物敷地6,613㎡に、建物面積及び延べ面積は2,685㎡(A棟2,573㎡、B棟112㎡)、各階ごとの店舗面積は、A棟1階建ての延べ面積2,573㎡(店舗面積1,806㎡、その他の施設面積767㎡)、B棟1階建ての延べ面積112㎡(店舗面積112㎡)で、A棟はダイレックスが決まっているが、B棟の入居店舗は未定だ。

 

2018年(平成30年)3月上旬建築着工予定で、完成は今年2018年(平成30年)7月上旬を予定している。

 

ダイレックスは、下曽根店のオープンにより福岡県内38店舗、北九州市内5店舗、小倉南区内では横代店に次ぐ2店舗目となる。(2月1日現在ダイレックスホームページより)

 

予定地のすぐ横には、既報の通り賃貸マンションが2棟「(仮称)ニューガイア下曽根」と「(仮称)ニューガイアソラーレ下曽根」が建設予定となっていて、すでに今年1月18日に地鎮祭が執り行われている。

 

下曽根駅北口側も地域一帯が賑やかになりそうで楽しみだ。



タグ : , , , , , , , ,