2018年02月11日 | エリアニュース

本格イタリアン「トラットリアプリマヴェーラ」閉店



井筒屋本館とリバーウォークの間で、紫川沿いにある「紫江’S」の1階にあった「トラットリアプリマヴェーラ」(北九州市小倉北区船場町1-2 紫江’s1F)が、昨年末2017年(平成29年)12月31日(日)で閉店した。(写真は2月9日撮影)

 

紫江’sの1階は、既報の通り「びっくりドンキー小倉紫江’S店」も、昨年12月25日(月)で閉店しており、紫江’sの1階には店舗がない状態になっている。

 

「トラットリアプリマヴェーラ 」は、本格的なイタリアン料理が楽しめ、洗練されたセンス抜群のインテリアが並ぶ店内で、地元の食材をふんだんに使った厳選した四季折々の食材に、トラットリアプリマヴェーラ風のアレンジが加わった料理は、デートや女子会・ママ会に人気だった。

 

店頭には、まだINFORMATIONに閉店のごあんないとして、「平素は格別なるお引き立てを賜り誠に有難うございます。プリマヴェーラは12月31日(日)をもちまして、閉店させていただきました。永らくご愛顧頂きまして誠に有難うございました。」という貼紙がされている。

 

鴎外橋の袂にあり人通りも多く、現在店内の改装が行われているようにも見えるが、はやく新しい店が入ってくれることを熱望する。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , , ,