2018年02月25日 | エリアニュース

呉服仕立の老舗「さんすい」閉店(若松区)


着物や帯の総合仕立てを主業務に、洗浄や洗い張り、染み抜きなどを手掛け、九州一円の呉服店を対象とした営業を展開していた、株式会社さんすい(北九州市若松区浜町3-9-21)が閉店した。(写真は2月19日撮影)

 

昭和25年創業、昭和62年7月法人化した老舗だが、一般消費者の着物離れが進み、業況はさえず、回復の見通しも立たないことから、今回の措置に踏み切った。

 

店頭には、お知らせとして「諸般の事情により本日をもちまして閉店いたします。株式会社 さんすい 代表取締役 中谷 豊」と寂しく掲示してあった。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , ,