2018年03月03日 | エリアニュース

もち吉が旬彩ダイニング水車茶屋オープン!早速女性を中心に人気


あられ、せんべい、おかきなど米菓製造販売で日本有数の規模を持ち、北海道から九州まで全国に直営225店舗(平成29年2月末現在本店含む)を展開している株式会社もち吉が、2018年(平成30年)2月17日(土)、お食事処 旬彩ダイニング「水車茶屋」(直方市大字下境916-3)をオープンした。

 

新店舗は、国道 200 号田川直方バイパス沿いにあるもち吉直方本店の横に完成。

 

正面入り口の右側には店舗オープンに合わせて公開された「三連水車」が勢いよく回っている。

 

三連水車は、もち吉本社工場をはじめ、餅乃神社、もち吉本店、もち吉豆腐工房、もち吉力水などがある広さ数万坪に及ぶもち吉本社およびその周辺店舗群のシンボルとして造られたもので、日本でも数少ない三連構造の水車である。

 

3つの水車の直径は向かって左から8m、6m、5mとなっており、そばで見ると相当な迫力がある。

 

これは朝倉市に約 220年前に設置され、国の史跡に指定されている「朝倉の揚水車群」(三連水車)を引き継ぐ名工に依頼して造ったもので、宮崎県内の銘木杉材から一枚板を使用。

 

水車小屋では水車の動力を利用して、石臼で製粉している。

 

旬の良質素材を使用した和食 もち吉の変わらないこだわり《米よし、水よし、技もよし》に基づき、お食事処で提供する米はもち吉契約先の良質なものであることは言うまでもなく、野菜や魚、肉なども地場産の採れたての素材を使用し、日本料理の職人が造る。

 

メーンメニューは御膳ものが、「四季彩り御膳」(1,800 円)、「水車御膳」(1,500円)、「天刺御膳」(1,300円)など。 ランチ特選メニューとして香の物と汁物が付いた伊万里和牛丼、鮪丼(各 800円)、天丼(700 円)などがあり、プラス500 円でサラダ、小鉢、餅入り茶碗蒸し、コーヒー、甘味がついた「茶屋セット」も用意され、汁物とコーヒーはおかわり自由というお得感がある。

 

その他ふぐ刺し、海老フライ、鶏唐揚げなどの一品料理やもち吉のオリジナル芋焼酎(赤芋)、もち米焼酎(熟年の眞実)や梅酒もそろえている。

 

もち吉本社の拡充・発展へ2 月 17 日のオープン直後から、連日多くの客で賑にぎわっているが、特に女性客には好評を博している。

 

また、全国的にも珍しい「三連水車」の見学を兼ねて家族連れの来店も多い。

 

駐車場は店舗横に十分な広さがある。

 

「水車茶屋」から数十m離れた国道200号田川直方バイパス沿いの株式会社もち吉の所有地には、家具・インテリア用品販売を手掛ける株式会社ニトリの店舗建設に着工しており、8月にオープンする予定だ。

 

集客力のあるニトリが参入することで、付近のにぎわいが増えるのは確実。

 

数万坪にも及ぶもち吉本社および周辺のますますの拡充・発展が期待されている。



タグ : , , , , ,