2018年04月07日 | エリアニュース

カレー1杯100円の子ども食堂「サンタクロース亭」が閉店





2018年(平成30年)3月30日(金)15時で、カレー店「サンタクロース亭」()が閉店した。

 

「サンタクロース亭」は、2016年1月から子どもたちに温かい食事や居場所を提供する「子ども食堂」に取り組んできた店だ。

 

子どもに1杯100円でカレーを提供していて、オープン当初は十数人の子どもが来店していたが、最近はほぼゼロになっていた。

 

場所は、繁華街の一角にあるが、営業時間を昼に限定し、シングルマザーに働く場所を提供して「母も子も支えたい」と開業。

 

貧困などで満足に食事を取れなかったり、独りで食事したりしている子が立ち寄れる居場所を目指していたが、店舗自体の売り上げも減少傾向で、事業見直しの一環で閉店を決めたという。

 

店頭には、「お客様各位 サンタクロース亭を長期にわたりご利用頂き、誠にありがとうございます。サンタクロース亭は、平成30年3月30日(金)をもちまして営業を終了させていただく事となりました。永らくのご愛顧、誠にありがとうございました。店主」という貼紙があった。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , , ,