2018年04月11日 | エリアニュース

「さわやかあだちのもり保育園」落成式開催





「社会福祉法人 八健会」は、2018年(平成30年)3月28日(水)、「さわやかあだちのもり保育園」(北九州市小倉北区山門町5-1)の落成式を開催した。(写真は3月28日撮影)

 

(社福)八健会は、「慈愛の心 尊厳を守る お客様第一主義」を基本理念とするウチヤマグループの関連法人だ。

 

【北九州市の公募による選定】

同保育所は定員90名の民間保育所としては大型施設。平成28年に北九州市が公募を行った民間保育所の設置運営主体について、児童福祉分野に関する学識経験者および保育経験者からなる選定検討会の評価結果をもとに(社福)八健会が選定されており、同会がこの程、小倉北区山門町に新築した。(社福)八健会としては北九州市で初めての保育園開設となった。

所在地は閑静な住宅地の一角であり、周辺環境は良好。建物は鉄骨造2階建てで、内装は木材をふんだんに使用しており、木の温もりが感じられるとともに、園児に対する安全性への配慮もなされている。福祉先進国とされる北欧の保育園を参考に窓は大きく自然光をたっぷり取り入れ、建物内部は明るい。廊下・階段は通常の保育園より広く、中庭を含め開放感がある造りとなっている。

(社福)八健会は現在、北九州市内に高齢者介護・救護施設4カ所、福岡市・静岡市・名古屋市に保育園を3カ所、福岡市に障がい児童向け施設を1カ所の合計8カ所の施設を運営しており、同保育園が9カ所目の施設となる。

 

【理事長あいさつ・来賓祝辞・感謝状贈呈】

午前11時から始まった落成式では、まず(社福)八健会および(社福)さわやか会の理事長・村瀬伸二氏があいさつ。

そして来賓の全国保育士会 副会長の北野 久美氏、北九州市議会議員 前議長・戸町 武弘氏、そして(社福)八健会初代理事長である株式会社ウチヤマホールディングス代表取締役・内山 文治氏がそれぞれ祝辞を述べた。

その後、同保育園の建築設計を担当した株式会社彩創建築設計代表取締役・柳田 正博氏および建築施工を行った高橋建設株式会社代表取締役・山下 恵子氏、そして「さわやかあだちのもり保育園 園歌」の作詞者である東筑紫短期大学保育科特任教授・木本 節子氏、同じく作曲を担当した同大学特任教授・瓦林 良氏の4名に対して村瀬理事長より感謝状が贈呈された。

 

【園歌・鏡割り・乾杯】

「さわやかあだちのもり保育園」の姉妹園である、だきしめ保育園(福岡市東区)の園児31名による「さわやかだきしめ保育園 園歌」が披露され、出席者全員が静かに聞き入った。

その後、(社福)八健会 評議員・中野 正治氏の発声による鏡割りが行われた。

鏡割り参加者は他に、全国私立保育連盟副会長・橘原 淳信氏、北九州市保育所連盟 小倉北支部長・岡村 信久氏、北九州市私立幼稚園連盟副会長・淵 和子氏、東筑紫短期大学保育学科教授・寺本 普見子氏、九州女子短期大学人間科学部・今津 尚子氏、株式会社ウチヤマホールディングス 代表・内山 文治氏、山門町自治会長・吉鶴 武男氏の8名であった。

 

【和太鼓披露・職員紹介・万歳三唱】

祝宴では「だきしめ保育園」の園児31名による「和太鼓」が披露され、長期にわたる練習が伺える見事な出来栄えに出席者は皆感心していた。

その後、同保育園の恵原園長による職員の紹介がなされた。

今回紹介されたのは21名だが、全部で23名の職員が勤務することになっている。

保育士は北九州市においても人材不足であるとされるが、今回の新規開設にあたっては新卒者2名を含む中堅・ベテランの方などで充足することができた。

最後に、北九州市子ども家庭局保育課 事業調整担当課長・佐藤 健治氏によるあいさつと万歳三唱が行われ、盛況裏に閉会した。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , , ,