2018年04月18日 | エリアニュース

小倉の中心地に新しい飲食ビル新築計画





小倉の中心に新しい飲食ビル「(仮称)フェルト船場」(北九州市小倉北区小倉北区船場町7-20)の建築計画が進行中だ。(写真は4月16日撮影)

 

場所は、小倉北区魚町の「みかげ通り」から、既報の「焼きもんや菜’s」(北九州市小倉北区船場町7-11)の招き猫たちを見ながら、大黒神社の鳥居をくぐった先の正面で、少し前まではコインパーキングだった跡地と、九州医療スポーツ専門学校や小倉北警察署旦過交番が川向うに見える、飲食店の入った「アミューズビル」の跡地だ。

 

予定では、飲食店と駐車場付共同住宅(住戸数4戸)になっていて、新しい飲食ビルになると思われ楽しみだ。

 

建築計画では、建築主は株式会社フェルト、敷地面積425.25㎡、鉄筋コンクリート造地上6階(中高層建築物の高さ24.50m)、建築延べ面積1,570.00㎡、2018年(平成30年)4月1日着工予定、2019年(平成31年)3月未日完了予定となっている。

 

上記記事は、掲載日時点での状況です。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , ,