2018年04月23日 | エリアニュース

第1号店は小倉駅「スターバックスコーヒー」出店計画





JR小倉駅アミュプラザ東館3Fに、「スターバックスコーヒー アミュプラザ小倉店」(北九州市小倉北区浅野1丁目1-1)が、2018年(平成30年)5月2日(水)オープン予定で準備中だ。(写真は4月23日撮影)

 

小倉駅小倉城口側の階段に面した、今までも別のコーヒーショップがあった、見晴らしも良い場所で、営業時間は7:00~22:00、席数61席、店舗面積170.81㎡(51.76坪)、駅に直結していて、通勤・ショッピング途中など様々なシーンで利用でき、 限定店舗のみでしか販売していない「スターバックス®ナイトロコールドブリューコーヒー」を販売するとしている。

 

「スターバックス®ナイトロコールドブリューコーヒー」とは、熱を加えず水でゆっくりと時間をかけて抽出するコールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)に窒素ガス(ナイトロジェン)を注入し、バリスタがオーダー毎に目の前で一杯ずつ提供するもので、窒素ガスはカーテンのようなカスケードに、ベルベットのような濃厚なとろみのある質感を生み出す。

豆本来の旨みが存分に引き出された奥深さと自然な甘みに加え、まろやかな口あたりと濃厚な舌触り、そしてまるでミルクを加えたような、なめらかでクリーミーな味わいが体験できる。

 

小倉駅へのスターバックスコーヒー出店は、JR九州ファーストフーズ株式会社とスターバックスコーヒージャパン株式会社が、ライセンス契約を締結したことによるもので、アミュプラザ小倉店は、その第1号店としてオープンするものだ。

 

これは、より多くのお客さまの多様なニーズに合わせて、自社グループ施設内でのプレミアムなカフェの出店を検討していたJR九州ファーストフーズ株式会社と、様々な立地への出店を目指すスターバックスコーヒージャパン株式会社の方針が一致し、今回の契約締結に至っており、今後は駅構内やJR九州グループ内施設を中心に店舗展開を行う計画だという。

 

スターバックスコーヒージャパンは、「従来の直営店舗と変わらず、高品質のコーヒー、サービス、空間を提供し、サードプレイス(家庭、職場・学校等に次ぐ第3の生活拠点)として、皆様がくつろげる空間作りを目指してまいります。共通の価値観・マインドを持ちクオリティに強いこだわりのある両社の取り組みにより、小倉駅ビル内への出店を皮切りに、今後も駅およびJR九州グループ内施設での出店を展開し、より多くのお客様にスターバックスエクスペリエンスを提供してまいります。」としている。

 

JR九州ファーストフーズは、ライセンス契約について、「スターバックスコーヒージャパン株式会社は、特殊な商圏等への出店について、価値観・マインドを共有でき、商品とサービスのクオリティに強い拘りを持つ企業とライセンス契約を諦結した上で店舗展開を行っており、今回で6社目の契約となります。2004年2月にライセンス1店舗目をオープンし、空港X線ゲート内、JR東海新幹線改札内、JR東日本在来線改札内、書籍店内、企業内、病院内、大学キャンパス内等、全国で95店舗出店しております(2018年3月末時点)。※JRグループとのライセンス契約締結による店舗展開は今回で3社目となります。」と説明している。

 

上記は取材日時点の状況です。

続報を、みんマイ公式Facebookみんマイ公式Twitterで配信中!

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , , , , , , ,