2018年05月04日 | エリアニュース

行橋初!讃岐うまれの「はなまるうどん」オープン




ゆめタウン行橋の1階フードコート内に、「はなまるうどん ゆめタウン行橋店」()が、2018年(平成30年)4月20日(金)にオープンした。

独特のコシと風味のある、はなまるの「麺」は、取り扱いが簡単な「冷凍麺」や「乾麺」ではなく「生麺」を使っている。

 

だしは「いりこだし」だが、「かけだし」と「つけだし」でこだわりがあり、「かけだし」は、厳選された「いりこ」と昆布だしをベースに、各素材の持ち味を最大限に抽出した、風味の強い「一番だし」のみを使用し、この「一番だし」を抽出後厳選した数種類の特選醤油や塩などをブレンドした「かえし」を、はなまる独自の割合であわせていて、「つけだし」は、さば節、いわし煮干し、宗田鰹節、鰹節、うるめいわし節の5種類のだし原料を使用してじっくり時間をかけてとった「だし」に、厳選した数種類の本醸造醤油をはなまる独自の割合でブレンドすることで、深みとコクのある味に仕上げている。

 

「はなまるうどん」は、福岡県内に4店舗あり、北九州市内にはサニーサイド小倉内に1店舗、行橋市内には今回が初出店だ。

 

フードコート内にあって、おでんも販売していることから、すでに人気となっていて、ランチタイムを中心に行列ができている。

 

讃岐うどんの麺のコシは、福岡県のうどん麺とは違って歯ごたえがあり、また違う美味しさがありますよね。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , , , ,