2018年05月22日 | エリアニュース

魚町銀天街ど真ん中のインターネットカフェが撤退




魚町銀天街の交差点の角地で、「ケンタッキーフライドチキン小倉中央店」が入っている(ザボビル)の7階にあった、まんが喫茶「マンボー小倉店」()が、2018年(平成30年)4月29日(日)で閉店した。(写真は5月22日撮影)

 

まんが喫茶マンボーは、新刊やいまアツい話題作などゆっくりたっぷりとコミックが読める快適な空間とサービスが用意されていて、インターネットや動画も楽しめ、ちょっとした空き時間や待ち合わせの時間調整など短時間からでも利用できる店だった。

 

マンボー小倉店によると、「まんが喫茶マンボー小倉店は、4月29日(日)をもちまして金山店・今池店・錦店・名駅本店と統合いたします。統合先の店舗でも、より快適な空間でより良いサービスをご利用いただけるように、スタッフ一同精進して参ります。引き続き、マンボーへご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。」としている。

 

場所は、魚町銀天街の中心で、すぐ前には人気の「いきなりステーキ小倉魚町店」もある「SABOビル」の7階にあって、案内看板も多く出ていたが、現在は店名が消され白い看板にネオンだけが光っている。

 

ビル内に入ってみたが、エレベーターも7階のボタンが押せなくなっている。

 

株式会社マンボーは、統合としているが、統合先の店舗はいずれも愛知県名古屋市にあり、実質、北九州市からの撤退と思われる。

 

小倉店撤退により、まんが喫茶マンボーは九州には店舗がなくなった。

 

上記は取材日時点の状況です。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , ,