2018年06月13日 | エリアニュース

ドラッグコスモス茶屋の原店(八幡西区)出店計画





株式会社コスモス薬品は、「(仮称)ドラッグコスモス茶屋の原店」(北九州市八幡西区茶屋の原4丁目)の出店計画を進行中だ。(写真は6月11日撮影、地図は計画地)

 

計画では、店舗は新築され、2019年(平成31年)1月24日にオープンの予定、店舗面積の合計は1,336.17㎡、駐車場の出入口は店舗建物敷地北側に1箇所と、隔地駐車場敷地北側と東側に各1箇所、収容台数は建物西側に37台と隔地駐車場に17台の合計54台、駐輪場は建物西側に8台と建物敷地北西側に2台の合計10台、荷さばき施設は建物南西側に27.0㎡、廃棄物等の保管施設は建物内南側に9.0㎥、開店は午前9時、閉店は午後10時、荷さばき可能時間帯は午前6時から午後10時30分となっている。

 

株式会社コスモス薬品は、店舗建物敷地面積3,358.27㎡と、隔地駐車場敷地569.65㎡を借地予定としており、建築面積1,722.64㎡(1階店舗面積1,366.17㎡、その他の施設面積337.97㎡)、延べ面積1,704.14㎡の建築着工予定を、2018年(平成30年)8月1日、完成予定を同年12月15日としている。

 

計画地は、筑豊電鉄楠橋駅の北東、約1,000mに位置し、市道馬場山70号線、市道馬場山56号線、市道楠橋51号線、及び市道楠橋50号線に面していて、周囲は北側に道路を挟んで住宅及び事務所、東側に倉庫が隣接、南側に道路を挟んで緑地、西側に住宅及び店舗が隣接している。

 

現地は更地になっていて、立入禁止の案内があり入ることはできない。

 

上記情報は、取材日時点の状況です。

 



タグ : , , ,