2018年10月12日 | エリアニュース

靴下・アクセサリー・雑貨・ランジェリー「リセコレクション」閉店





小倉駅前の「COLET(コレット)」(北九州市小倉北区京町3-1-1)、I’m(アイム)8階にあった、靴下・アクセサリー・雑貨・ランジェリーの「リセコレクション」が、2018年(平成30年)8月31日(金)で閉店した。(写真は10月10日撮影)

 

店頭には、お客様各位という案内があり、『8月31日(金)をもちまして「リセコレクション」は会社倒産により営業終了いたしました。永らくのご愛顧、誠に有り難うございました。お問い合わせは下記にお願いいたします。<問合せ先>共栄法律事務所 辻商株式会社 破産管財人』とある。

 

エスカレーターと、100円ショップ「Seria(セリア)アイム小倉店」の間にあった店で、人通りも多く、閉店後1か月以上が経ち、店内にはすでに商品等はなく閑散としているが、いまだに店先で驚いている人の姿も見られる。

 

「リセコレクション」を運営していた辻商株式会社は、昭和44年11月、靴下の製造業者として創業し、同52年9月に辻商靴下工業株式会社として設立した会社で、商品企画開発から販売事業まで手掛け、「ピンキーベル」「リセコレクション」「ソックスラボ」などの店舗名で全国各地に靴下専門店を展開していた。

調査会社の話しだと、8月24日付で大阪地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したとのことだ。

 

上記事は、取材日時点の状況です。

 

地域で安心して暮らすために

自治会・町内会に入りましょう!

北九州市 自治会・町内会情報ポータルサイト

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , ,