2019年06月13日 | エリアニュース

日本通運が国内初「九州医薬品センター」北九州に着工





日本通運株式会社が、「九州医薬品センター」(北九州市小倉南区舞ケ丘6丁目)を、2019年6月3日(月)に着工したと発表した。(画像は拠点完成イメージ、日本通運提供)

 

「九州医薬品センター」は、日本通運が新たな医薬品サプライネットワーク構築の核として新設する、国内4拠点(東日本、西日本、富山、九州)のうちの1拠点で最初の着工となった。

 

日本通運は、医薬品に関するGDP※の日本への導入に伴う医薬品物流の変化に対応し、GDPに基づく品質管理に加え、医薬品供給のBCP対応やドライバー不足への対応を含め、医薬品物流の全体最適を実現する医薬品サプライネットワークを構築することとしている。

 

物流インフラが充実する北九州市に設置する九州医薬品センターは、九州内への医薬品供給のみならず、国内外の医薬品サプライチェーンを見据えたグローバルレベルでの戦略的拠点として位置付けていて、九州医薬品センターの建設開始に引き続き、今月24日(月)には西日本医薬品センター(大阪府寝屋川市)の地鎮祭を予定しており、その後も東日本(埼玉県久喜市)および富山(富山市)の医薬品センターも順次着工予定となっている。

 

【九州医薬品センターの特長】

規範として日本版GDPガイドラインをクリア

定温、保冷の温度管理に加え、輸出入用の保税エリア、特殊医薬品エリアなどサプライチェーンのあらゆるニーズに対応

保管エリアは温度と湿度を総合監視

災害等に備えた、免震構造および非常用発電設備の設置

 

【倉庫の概要】

住所 福岡県北九州市小倉南区舞ケ丘6丁目1258番6他

敷地面積 14,199.17m2

建築面積 5,002.60m2

延床面積 17,279.16m2

構造 鉄骨造地上5階建

設備等 免震構造、非常用発電設備、防虫・セキュリティ設備 他

営業開始予定 2020年9月

 

「GDP」(Good Distribution Practice:適正な流通基準)

医薬品の適正な流通基準に関しては、2018年12月28日に厚生労働省から、日本版GDPのガイドラインが発出されている。

 

ご覧のサイトは、住まい情報「みんマイ(みんなのマイリビング)」のホームページです。

 

6月のみんマイおススメ物件は以下の通り

分譲中一戸建て

ユニエクセラン上吉田(Free:0120-79-8866)

分譲中マンション

サンライフ企救丘駅南(Free:0120-123-041)

サンライフ下曽根駅サウスコート(Free:0120-123-041)

サンライフ桃園公園(Free:0120-123-041)

グランドパレスグランディオ高田(Free:0120-798-855)

 

各物件にお問い合わせの際は、「みんマイを見た」と言って連絡して下さい!

 

行かれた際のアンケート用紙には、「みんマイ(minmy)を見て」とお書き下さい。

 

「みんマイ」は、北九州市唯一の月刊無料住宅情報誌で、北九州市内とその周辺の百貨店、スーパーマーケット、北九州モノレール全駅、主要JR駅、北九州市内企業、工場の社員食堂等、また北九州市東京事務所にも設置させていただいているフリーペーパーです。

 

ギャラリーに行かれた感想をお送りいただいた方には、QUOカード1,000円分をプレゼントします。

詳しくはこちら☞「モデルルーム・モデルハウス行ってみた体験談募集」

 

みんマイホームページでは、北九州エリアで現在販売中及び販売予定の全分譲マンションを掲載しています☞「北九州エリア分譲マンション全一覧」

 

みんマイは電子ブックも無料公開中!

 

 

地域で安心して暮らすために

自治会・町内会に入りましょう!

北九州市 自治会・町内会情報ポータルサイト

 

上記事は取材日時点の状況です。



タグ : , , ,