2019年09月12日 | エリアニュース

北九州のソウルフード、資さんが価格据え置きを発表!




北九州で約40年に渡り愛される資さん(すけさん)うどんを展開する、株式会社資さん(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:佐藤 崇史)は、10月1日(火)から予定されている消費税率の引き上げおよび軽減税率制度の導入への対応として、“お客さまへの感謝の気持ち”と“お客さまの利便性”を最優先と考え、店内飲食すべての商品の価格を実質値下げし、店内飲食ならびに持ち帰りの税込価格を統一することを発表した。

プレスリリースによると
資さんうどんは、「わかりやすい価格」を重視し、消費税率の引き上げおよび軽減税率制度の導入においても、店内飲食“すべて”の商品の価格を“実質値下げ”することで、店内飲食、持ち帰りの税込価格を統一致します。お世話になっているお客さまへの「ありがとう」の気持ちを込めて、『店内飲食増税分2%を資さんが負担』致します。

例えば、人気No.1の「肉ごぼ天うどん」は、現在の税抜価格が648円ですが、10月からは店内飲食での税抜価格を実質値下げの636円、持ち帰りを648円にすることで、店内も持ち帰りもこれまでと変わらない700円(税込)に据え置きます。店内飲食実質値下げ分(この場合の差額12円)は、資さんが負担致します。

と、なっている。

北九州市民のみならず、全国の「資さん」ファンにとって嬉しいニュースではないだろうか。

→ 資さんのメニュー一覧はこちら

 

2019年8月29日(木)発刊

中身を確認