2019年10月21日 | エリアニュース

タクシー業界初!北九州市の勝山タクシーが「e-taxet」導入!


約60年にも渡って旅客運輸業を営む勝山自動車株式会社(所在地:北九州市、代表取締役社長:廣石敏文、以下「勝山タクシー」)は、高光産業株式会社(所在地:福岡県福岡市、代表取締役社長:妹尾 八郎、以下当社)が発明者となっている 電子チケット関連特許を活用したビジネス「e-taxet」(イータケット)を導入し、2019年9月2日(火)から運用を開始した。

「e-taxet」は、株式会社コモニーの電子チケットサービス「commoney」(コモニー)をベースとしたタクシーチケット。チケットの発行者が、相手に現金や電子マネー・ギフト券などを送ることなく代金を代わりに支払うことができ、おつりや領収書を受け渡す精算の手間も不要にした、他のスマホ決済にはないまったく新しいサービス。

 

→ 「e-taxet」の詳細はこちら

 

勝山タクシーでは、従来の企業のタクシーチケット利用のみにとどまらず、例えば、
高齢のため運転免許を返納し、通院や買い物にお困りのご両親
最寄り駅から自宅までのタクシー代がないお子様

など、サポートが必要な個人の方にも「e-taxet」をご利用いただくことで、タクシーがこれからの高齢化社会・子育て社会の一助となることを願い、本サービスを導入した。



 

2019年9月26日(木)発刊

中身を確認