2019年11月01日 | エリアニュース

「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2019<北九州都市圏版>」結果発表


大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、北九州都市圏在住の1,454名を対象に、居住満足度調査としては過去にない大規模な本格調査を実施し、過去最大級の街ランキング「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<北九州都市圏版> ・住みたい街ランキング2019<北九州都市圏版>」として集計した。

■「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<北九州都市圏版>」 主なポイント

●「街の住みここち」総合トップ5は「八幡西区・戸畑区・八幡東区・門司区・小倉南区」

○住みここち1位に八幡西区、2位に戸畑区がランクイン
再開発による大規模商業施設や博物館の整備、交通利便性などが評価されています。
○北九州市の各区が高評価
物価が安く、福祉も充実しており、周辺の自治体よりも交通利便性、生活利便性が良いことが評価されています。≪詳細データについて≫
本調査は今回が第1回目となります。詳細につきましては大東建託株式会社「賃貸未来研究所」公式サイト
(www.kentaku.co.jp/miraiken)をご参照ください。