2020年12月21日 | エリアニュース

鑑賞券プレゼント『映画 えんとつ町のプペル』12月25日(金)公開!


スポンサーリンク
今年のクリスマスはT・ジョイリバーウォーク北九州で 『映画 えんとつ町のプペル』を観よう!
 

「みんマイ」では、毎号「T・ジョイリバーウォーク北九州」のご協力で、おすすめシネマ紹介を誌面掲載いただいています。

今月のおすすめ作品は『映画 えんとつ町のプペル』

毎号、鑑賞券プレゼントも実施中です。応募フォームはこちら

 

幅広い世代に愛され、今なお世界を魅了し続ける絵本「えんとつ町のプぺル」が、ついに映画化!

原作者のキングコング西野亮廣が自ら製作総指揮・脚本を手がけ、絵本では描かれなかったえんとつ町の“本当の物語”を描き出す。

アニメーション制作は圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃。設定開発にとことんこだわり、町の創設からエネルギー構造までを再構築し、ファンタジックな町並みと魅力的なキャラクターを立体的に映像化。

ヴォイスキャストは窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子らが名を連ねるほか、オープニング主題歌にHYDE、エンディング主題歌にはロザリーナが参加してハロウィンの奇跡を盛り上げる。

本作の“願い”に賛同したスタッフ、キャスト、アーティストが集結し誕生した、大人も泣ける、この冬一番の感動物語!未来は信じ続けた夢でできている。今だからこそ、あなたの夢を信じてみませんか?

 

■ストーリー

厚い煙に覆われた“えんとつ町”。煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった。一年前、この町でただ一人、紙芝居に託して“星”を語っていたブルーノが突然消えてしまい、人々は海の怪物に食べられてしまったと噂した。ブルーノの息子・ルビッチは、学校を辞めてえんとつ掃除屋として家計を助ける。しかしその後も父の教えを守り“星”を信じ続けていたルビッチは町のみんなに嘘つきと後ろ指をさされ、ひとりぼっちになってしまう。

そしてハロウィンの夜、彼の前に奇跡が起きた。ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが現れ、のけもの同士、二人は友達となる。そんなある日、巨大なゴミの怪物が海から浮かび上がる。それは父の紙芝居に出てきた、閉ざされたこの世界には存在しないはずの“船”だった。父の話に確信を得たルビッチは、プペルと「星を見つけに行こう」と決意する。しかしこの町の治安を守る異端審問官が二人の計画を阻止するために立ちはだかる。それでも父を信じて、互いを信じあって飛び出した二人が、大冒険の先に見た、えんとつ町に隠された驚きの秘密とは?

 

キャスト:窪田正孝/芦田愛菜/立川志の輔/小池栄子/藤森慎吾/野間口徹/伊藤沙莉/宮根誠司/大平祥生(JO1)/ 飯尾和樹(ずん)/山内圭哉/國村隼

製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣

監督:廣田裕介

©西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

■公開日

2020年12月25日(金)

■公式サイト

https://poupelle.com/

■T・ジョイ リバーウォーク北九州おススメ情報

2021年3月30日(火)まで、“T”がつく、毎週火曜日(Tuesday)・ 木曜日(Thursday)は、オンライン予約で鑑賞料金が 1,300 円に!

T・ジョイ リバーウォーク北九州のHPはこちら

 
 

ご覧のサイトは「みんマイ(みんなのマイリビング)」のホームページです。

 

「みんマイ」は、北九州市唯一の月刊無料住宅情報誌で、北九州市内とその周辺の百貨店、スーパーマーケット、北九州モノレール全駅、主要JR駅、北九州市内企業、工場の社員食堂等、また北九州市東京事務所にも設置させていただいているフリーペーパーです。