2017年02月02日 | エリアニュース

イオン城野店(小倉南区)閉店後は


IMG_3022




IMG_3024既報の、1981年2月27日ダイエー城野店としてオープン以来36年、多くの市民に親しまれてきた「イオン城野店」(北九州市小倉南区富士見1-4-1)が、2017年(平成29年)1月31日(火)で閉店した。

 

閉店後の活用が注目されている中、本日2月2日(木)、閉店後の様子を見に行ってきた。

 

まだイオンの看板はそのままで、店舗前の駐車場にも今まで通り入れた。

 

店舗の入口まで行くと、「元気に営業中!」という文字が目に入ったので中に入ってみると、「閉店後のお問合せ先」の掲示や、すでに解体している店舗もある中、1階は「イオン薬局城野店」閉店の後、そのままサンキュードラッグが引き継ぎ、「サンキュー薬局城野店」として営業されているほか、2階には「三保木医院(耳鼻咽喉科)」があり、この2店舗については3月末まで営業と書かれていた。

 

3階に上がると、100円ショップ「ダイソー」と、女性だけの30分フィットネス「カーブス」が営業されていた。

 

ダイソーの店員に話しを伺ったが、「今後のことはまだ未定」とのことだった。

続報→「完全閉店 ダイソー イオン城野店」

 

5階には「川田眼科医院」があり、6階にはダンススタジオ「PEEK-A-BOO」がオープンしていた。

IMG_3026IMG_3020IMG_3027IMG_3025IMG_3021

 

さらに、店内の壁には「テナント募集」の張り紙もされていたことから、しばらくはこのまま建物も残るのではないかと思われる。

(写真は全て2月2日撮影、クリックで拡大)

タグ : , , , , , , , , , , , , , , , , ,