2016年03月29日 | エリアニュース

JR黒崎駅舎と周辺建替え進行中 現地の今は


kurosaki1

1984年に完成し老朽化が進んでいたJR黒崎駅(北九州市八幡西区)が、2018年度をめどに建て替えの計画を進行中です。かつては駅の南口(商店街側)から入って左手にあった改札口が、現在は右側へ移動し、すっかり様変わりしています。黒崎神社のおみくじロボットも、新しい建物へ移されました。

駅舎の建て替えのほか、黒崎駅北口広場の整備(黒崎駅南側の車両等による混雑解消のため)や、駅の南北間の通行をスムーズにする歩行者通路の整備など、安全性と利便性を兼ね備えた事業が計画されています。黒崎の街全体のアクセス環境や回遊性が向上することで、市の副都心・黒崎のにぎわいづくりが進みそうです。

 

kurosaki2黒崎駅周辺では、現在分譲中マンションが3棟
・アーティックス黒崎コルディア(なかやしき
・サンパーク黒崎中央レジデンス(大英産業
・オーヴィジョン青山グランテラス(エス トラスト

マイリビングが忙しいあなたに代わってチラシをお取り寄せします。
詳しくはこちら→チラシパンフレット無料送付サービス

 

また、八幡西区役所跡地で分譲マンションと生活利便施設の建設も計画されており、今後の黒崎エリアの発展がますます期待されます。

 

関連記事/八幡西区役所跡地 241戸のマンション建設へ (AreaBiz北九州より)

 

タグ : , ,