2018年06月19日 | ブログ

知るほどに物語ありて「北の九州」お土産サイトオープン





北九州都市圏域「北の九州」の美味しい情報が満載のサイトが、2018年(平成30年)6月11日(月)にオープンした。

 

北九州都市圏域「北の九州」は、福岡県の北部に位置する17の市町を繋ぐ圏域を呼ぶ。

 

「北の九州」構成市町は、北九州市、直方市、行橋市、豊前市、中間市、宮若市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、小竹町、鞍手町、香春町、苅田町、みやこ町、上毛町、築上町で、九州の北部にあたるこのエリアは、工場地帯のイメージが強いかもしれないが、実は、周防灘灘、響灘、玄界灘の3つの灘の幸や、山々の幸が味わえる贅沢なエリアだ。

 

この「北の九州」は、周防灘、響灘、玄界灘の3つの灘に囲まれており、その恵まれた環境から、内海と外海の両方から贅沢な幸が届く食の宝庫でもある。

 

また、栽培される米や様々な野菜は、石灰岩からなる大地が育むミネラルにあふれた川の水のおかげで、香り、食感、栄養豊富な味わいが特徴的だ。

 

北九州地域連携懇談会プロモーション部会(北九州市企画調整局政策部政策調整課内)は、「地域おすすめの食情報やイベント等を日々紹介していきますので、お楽しみに!」としている。

 

「北の九州」の食の魅力などを伝える特設サイト「北の九州のおみやげ」はこちら

 

北の九州のおみやげは、まるごとにっぽん 3F浅草にっぽん区「おすすめふるさと」(東京都台東区浅草2-6-7)でも買うことができる。

 

上記事は取材日時点の状況です。



タグ : , , ,