2018年07月04日 | ブログ

北九州出身のすごいひと!夢をかなえたスポーツで日本一に





自分より重いバーベルを頭上まで持ち上げる「ウエイトリフティング(重量挙げ)」。オリンピックでもひときわ目をひく、パワフルな種目です。この競技で全日本社会人選手権優勝など、数々の成績をおさめてきた藤瀬雄介さん(北九州市八幡西区出身)。現在は(一社) 全日本コンディショニングコーチ協会認定 フィジカルトレーニングコーチとして、福岡県内を中心に、多くのアスリート、コーチの指導を行っています。(写真は藤瀬雄介さんとみんマイくん)

 

また、アスリートのみならず、ウエイトリフティング競技から学んだテクニックを元に、幅広い世代に向け「身体能力向上」「健康的な体づくり」に貢献することを目指しています。

 

「日本一」を夢見る少年と、ウエイトリフティングの出会い

野球少年として、甲子園やプロ野球に憧れていた藤瀬さん。

ウエイトリフティングとの出会いは、高校1年生の時。物静かで有りながらメラメラと燃える魂の炎が藤瀬さんから漂っていたのか、ある日高校ウエイトリフティング部の監督から声をかけられます。

「ウエイトリフティングなら、自分が持っている本当の運動能力を発揮できる。日本トップのアスリートになれる」この台詞に引き寄せられた藤瀬さん。

「スポーツで日本一になる」これは藤瀬さんにとって、幼い頃からの夢でした。

そこからは、ウエイトリフティング一直線。もし、あそこで監督に声をかけられなかったら・・・運命って不思議です。

但し、道のりは決して平坦ではなく、最初の一歩から壁が立ちはだかります。

それは家族や周囲の反対。「体が強くないしケガするから絶対無理」「どうして長く続けてきた野球をやめるのか」野球やサッカーに比べると、マイナーといえるウエイトリフティング。なかなか理解してもらえなかったそうです。

そんな時に背中を押してくれたのが、お母様でした。「やりたいと思うことをやりなさい。あなたなら必ずできる」藤瀬さんを今でも支え続けている大切な言葉です。

その後、たゆまぬ努力を続け、メキメキと頭角を現していった藤瀬さん。

最初反対していた人たちは、やがて藤瀬さんを最前列で応援するファンになっていきました。

「努力と結果で人を納得させる」この姿勢が、今の藤瀬さんの基礎となっているのかもしれません。

 

すべてのスポーツに使える動きを指導

藤瀬さんがウエイトリフティングから得たものは、全日本社会人選手権優勝など多くの輝かしい成績とともに、もうひとつ「すべてのスポーツの根本となる動き」です。現役引退後は、フィジカルトレーニングコーチとして、ボクシング、ダンス、バスケ、ハンドボール、トライアスロンなど、様々な分野のアスリートやコーチ、スポーツチームの指導を行っています。

バーベルを持ち上げる動作には、あらゆるスポーツに共通する大切な動きが詰まっているとのこと。

指導を受ける人々からは「今までの考えが180度変わった」「軸が整ってきた」と高い評価を受けています。

また、現役時代ケガに苦しんだ経験も活かされ「健康的で、長く維持できる身体づくり」を目的とした一般向けのパーソナルトレーニングも実施。

分かりやすく丁寧な説明が人気を呼んでいます。

 

黒崎そごう、黒崎祇園山笠、皿倉山。北九州での思い出

北九州で生まれ育った藤瀬さんに、北九州での思い出について伺いました。「八幡西区香月で生まれ、陣山小学校、陣山中学高、八幡中央高校、九州国際大学と、すべて八幡で過ごしました。思い出の詰まった故郷です。子どもの頃、今は閉店してしまった『黒崎そごう』へ買い物に連れて行ってもらうことが、一番嬉しかったですね。夏は、『黒崎祇園山笠』に友達と行ったことが一番の思い出。自分にとって夏祭りといえば、『黒崎祇園山笠』です。思い出の場所は『皿倉山』。子どもの頃から遠足や家族のアウトドアでよく行きました。大人になってからも、夜景を楽しむためによくドライブしました。」

 

2018年7月23日(月)には、「健康・スポーツで北九州をぐっと盛り上げる会」主催のセミナーの講師として招待されています。

会場は「ホテルクラウンパレス北九州(北九州市八幡西区東曲里町3-1)」テーマは『瞬間最高の身体能力発揮を実現するクイックリフトトレーニング~パワースナッチの技術~』。

 

今回のイベントは、スポーツ指導者向けの内容となっていますがバーベルを下から上に持ち上げるというシンプルな動きに、どんなヒミツが詰まっているのか興味がありませんか?健康維持、ダイエット、腰痛予防、体幹強化・・・藤瀬さん曰く「まずはスクワットでおしりの筋肉強化から」今後、一般向けのイベントが北九州で開催されるのを楽しみに待ちましょう!

 

 

上記事は取材日時点の状況です。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , ,