2018年08月12日 | ブログ

「家を買おうかな」と思ったときにまず読む本





住宅購入を検討していると、色んな事に頭を悩ませますよね。

今も昔も解決の一つの方法に「本」は欠かせません。

 

今回紹介する本は、「家を買おうかな」と思ったときにまず読む本 改訂第3版です。

「みんマイ」も、このタイトルを付けられる雑誌にして行きたいと常々考えています。

 

内容紹介

超低金利の今は買い時? ちょっと待った!

焦って買って、後悔しないために…… 絶対に知っておきたい知識を解説。

好評のロングセラーの改訂版。累計7万部突破! 住宅購入を検討する方々に定番の入門書です。

 

<本書の主な内容>

・賃貸 vs. 購入の住居費比較は、トントンになることが多い

・超低金利だから購入した方がいい、わけではない

・住宅ローンの返済額は、年収の25%以内に抑えるのが鉄則

・変動金利型一本でローンを組むのは危険

・住宅ローン控除があっても、繰上げ返済はした方がいい

・長く住むなら一戸建て、短い期間で手放すならマンションが有利

・欠陥住宅を避ける物件選びのポイント

・地震保険は入った方が安心

・教育費と住宅ローンを無理なく並行させる方法

 

<本書の目次>

第1章 そもそも借りるより買った方がいいのか

第2章 お金はどこまで借りていいのか

第3章 マンションと一戸建てはどちらがいいのか

第4章 買うときはココに注意! 物件選びのポイント

第5章 ケーススタディで復習、応用! 成功した例、失敗した例

 

 

人生でもっとも大きな買い物となるマイホーム、後悔したくないですよね。

しっかり調べて考えて、満足のいくマイホームを購入して下さい。

「みんマイ」はマイホーム購入を検討している方のお手伝いをいたします。

 

近くの本屋にない時は、Amazonでも販売「家を買おうかな」と思ったときにまず読む本 改訂第3版されてて、すぐに届きますよ。

 

 

掲載して欲しい本のリクエストがございましたら、こちらよりお申込み下さい。

記事掲載にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ :