2018年11月07日 | ブログ

レポーター上田恵子さんインタビュー(1) 北九州が大好きです!





Jリーグギラヴァンツ北九州の本拠地、ミクニワールドスタジアム北九州(通称:ミクスタ、北九州市小倉北区浅野)でギラヴァンツ北九州の試合開始前、入場口横のスタジアムプラザステージにてイベントを盛り上げている女性がいる。それが上田恵子さん(写真)だ。

 

以前みんマイでインタビューした「シノケン」さんこと篠原けんじ氏(既報)と同じく、試合前のスタジアムの雰囲気を暖めるMC役として北九州に根強いファンがいる。そんな上田さんのニックネームは「ジャンボ」。170センチメートルを超える身長と明るく大きな声で観客を盛り上げていく。ステージ上での上田さんの様子は、ギラヴァンツ北九州の名前の由来でもあり、北九州市の花でもある、まるでスッと立つ「ひまわり」のような明るさを感じられる。

 

「子供の頃から身長が高かったんです。学生時代はバレー部、バスケ部、なぜか水泳部、柔道部からのオファーはものすごかったですね!(笑)」そう上田さんは笑いながら教えてくれた。中学時代は放送部でアナウンス技術を鍛え、福岡市の大学に通っていた時は放送研究サークルで腕を磨いた。

 

その後、KBC九州朝日放送のラジオカー「ひまわり号」のレポータとして福岡県内を隅々までまわり、ラジオで声を届け続けた。ご本人いわく「22(歳)からひまわり号に入って、30歳で定年を迎えました(笑)」。現在は「平日は毎日、ラジオの中継レポーターを担当しています。KBCラジオの「ガブリナ」という番組で、トコさんや徳永玲子さん、コンバット満さん、波田陽区さん、杉山39さん、光浦靖子さん、大久保佳代子さんなどなど…曜日替わりでいろんな方が出演されています。私は福岡県各地の場所に出かけてリポートしています。月曜日から金曜日の帯で、まず朝10時から登場して、そのあと12時20分ごろからまた登場します」と引き続きラジオで活躍中だ。

 

福岡市在住の上田さんだが、ミクスタで取材をしていると「北九州フリーク」であることが判明。そこでみんマイ編集部は彼女に「なぜ北九州が大好き」なのかを確認したく、直撃インタビューを行った。

 

手渡した「みんマイ」を見ながら「なんか、めっちゃいいところ(物件)ばっかりのってません?おしゃれな住まいがたくさんある!」とコメント。普段はインタビュアーとしてのご活躍の上田さんも、インタビューを受けられるのは初めてで「緊張しています」とのことだ。

 

−北九州のことがお好きだとお伺いしました
「はい!大好きです!街も人も景色も全て!来る度に北九州LOVEが増しています!この北九州の地図を見るだけでもワクワクするんですよね。『今までどこ行ったかな?』とか『この場所は行ったことがないなぁ』といつも見てるんです。私、自分が行ったところを地図上で塗りつぶすのが好きなんです」

 

−北九州にお住まいになりたいというお話も?
「北九州の地図を見てると、こんなところに住んだらどうなるのかなとか、勝手に妄想しています(笑)。北九州に来るたびにお友達も増えてきたので、地元のお話を聞くと余計に住みたくなっちゃいますね!「小倉」とか「八幡」とか「戸畑」とか「行橋」とか。で、友達オススメの地元のお店に行きながら、『ああ、この辺りに住んだら駅そばだなあ』って、そういう想像だけしています」

 

−お仕事で北九州を回られているんですか?
「はい、お仕事でもプライベートでも回っています!岡垣町にもお友達がいて、よくいろんな場所に連れて行ってもらっています。今、自分の携帯電話にも『北九州の自分の行きたいところリスト』を作ってます。SNS映えしているところの書き込みなどを調べて、アルバムにして。今はこれを片っ端から一個づつ、現地に行ってるんですよ」「今すごく行って見たいところは、戸畑のここ、めっちゃ気になってるんです!」「あと門司のこことか(笑)、北九州の情報はたくさん欲しいんです。みんマイさんも教えてくださいよ!連れてってくださいよー笑」
(そう携帯電話を見せていただきながら説明していただきました。)

 

−北九州のスポットとか、美味しいお店とかをチェックされてるんですね
「そう、そして行ってます。完全にプライベートで」

 

−北九州は食べ物が美味しいっていう感じがあるんですね
「はい、そこが好きなポイントのひとつでもありますね。特に個人で、夫婦でされているようなお店は好きですね。お店の方との距離が近いお店に行って、お店の人と話をしたりとかして、『向かいのお店はどうなんですか?』とか聞いたりして、地元の人に聞いて回るっていうのが、すごい私の中でブームです」

 

−クチコミとか、生の情報を現場で得られて行かれてるんですね。
「そうそう!あとお祭りも!年始に今年の自分の目標を100個ぐらいピックアップして書いたときに、『わっしょい百万夏まつりに行く』『戸畑祇園大山笠に行く』『とばた菖蒲まつりに行く』『若松あじさい祭りに行く』って書いてですね。そこに行くということをしていました。来年はくきのうみの花火大会に行きたいな~」

 




−北九州をチェックして回られるようになったきっかけって何ですか
「きっかけはやっぱりギラヴァンツですね。ずっと仕事でも『ひまわり号』に乗っていた時は、13年前も北九州には行ってはいたんですけど、行ってラジオで中継をして福岡市に帰ってくる、という場所だったんですね。でも、ギラヴァンツを取材するようになると、地元の方と沢山会うようになって、北九州のお友達ができたというのが大きいですね。試合以外の時も集まって北九州の話を聞いたり、魚町で呑んで、旦過のもりしたフルーツでフルーツパフェを締めに食べたりしているうちに、『もっと知りたい、行きたい!』と思うようになったんです。それからチェックして探しはじめました」

 

−なるほど
「色々なエリアに住んでらっしゃる方とお話するんですけど、『私たちの街はね…』ていう感じでいいところも悪いところも両方教えてくれる方が多いです。北九州の人ってみんなその言葉を言っているような気がしてます。『ウチら北九州』とか『ウチらの住んでる北九州はね』とか、そういう『自分たちの北九州』っていうのを肌で感じます。やっぱり地元の方はみんな『北九州が好き』って答えるし、『(他の街には)引っ越したくない』っていうお話もよく伺いますよね」

 

−北九州の街に初めて来た時の印象はいかがでしたか
「初めてギラヴァンツ北九州の取材に行った時は、最初は『もしかして受け入れてくれないのかな』とか思ったりしたんですよ。『私は北九州出身じゃないし・・・』みたいな思い込みがあったんですね。でも、取材を始めたばかりなのに、北九州の皆さんがすぐに受け入れてくださって、もう今では『仲間なかまー』みたいな(笑)。そういう雰囲気が私の北九州LOVEを加速させましたね。さらにお友達の親戚・家族のところにもお邪魔させてもらう機会があるんですけど、北九州でどんな輪に入っても、どこも同じ親しみやすさがあります」
「実は戸畑祇園大山笠に行った時も、友達の家族、親戚と一緒にお祭りを見たんですよ。その時も『こっちこっち!座って!』と席を用意してくださってて、お祭り会場に行く前は『はい、家に上がっていいよ』みたいな。友人のご家族の家に初めて行って、『飲み物はコーラでいい?』とか言われて(笑)。『私、皆さんとは初めましてですよね!?』みたいな。でもご家族やご親戚の方は『いいよいいよー、みんないっしょいっしょー』みたいな(笑)」

 

−ラジオでおしゃべりされているお仕事だから、その方々は上田さんのお顔はご存じないんですよね
「そうなんですよ。『おねーちゃん、しゃべりが上手やって思ったんよねー』とか言われます。後からわかったみたいな(笑)」

 

そんな上田さんは、実は北九州に住みたいと思っているとのこと。次回は上田さんが「もし北九州に住むなら」というお話をお伝えいたします。

第2回に続く)

 

 

ご覧のサイトは「みんマイ(みんなのマイリビング)」のホームページです。

「みんマイ」は、北九州市唯一の月刊無料住宅情報誌で、北九州市内とその周辺の百貨店、スーパーマーケット、全モノレール駅、主要JR駅、北九州市内企業、工場の社員食堂等、また北九州市東京事務所にも設置させていただいるフリーペーパーです。

 

分譲マンション販売センター等へお問い合わせの際は、「みんマイを見た」と言って連絡して下さい!

 

行かれた際のアンケート用紙には、「みんマイ(minmy)を見て」とお書き下さい。お書きいただいたご家族の方には、その場で、みんマイとギラヴァンツ北九州がコラボした「数量限定の非売品クリアファイル」をプレゼント中です。(営業担当の方にお申し出ください。数量限定のため品切れの際はご容赦ください。)

 

さらに、ギャラリーに行かれた感想をお送りいただいた方には、QUOカード1,000円分をプレゼントします。

詳しくはこちら☞「モデルルーム・モデルハウス行ってみた体験談募集」

 

当ホームページでは、北九州エリアで現在販売中及び販売予定の全分譲マンションを掲載しています☞「北九州エリア分譲マンション全一覧」

 

みんマイは電子ブックも無料公開中!

 

 

地域で安心して暮らすために

自治会・町内会に入りましょう!

北九州市 自治会・町内会情報ポータルサイト

 

上記事は取材日時点の状況です。



タグ : , , , , , , ,