2018年03月01日 | イベント

スペースワールド駐車場跡地にサーカスがやってくる!





北九州市制55周年記念「ポップサーカス北九州公演」2018年春、開催が決定した。

 

開催期間は、2018年(平成30年)5月19日(土)から7月1日(日)までで、開催場所は、旧スペースワールド第1駐車場跡地(北九州市八幡東区東田5丁目1)に特設大テントが設営される。

 

ポップサーカスは、ヨーロッパからアジアまで世界15か国からトップレベルのサーカスアーティストを結集して、全国各地でサーカス公演を展開しているエンタメ集団で、全国約50都市において、延1,000万人を超える観客に、楽しさと感動を提供してきている。

 

そのポップサーカスが、”WORLD TOP PERFORMERS”と銘うち、北九州市制55周年を記念して、14年ぶりに開催する。

 

株式会社ポップサーカスの担当者に伺うと、「今回は、モンテカルロ・ラスベガスなどに代表される、サーカス界の最高峰『サーカスフェスティバル』を再現。世界が称賛した驚きと感動のパフォーマンスは、従来のサーカスの枠に収まらない全く新しい感動をお届けできると確信しております。」とのことだった。

 

日本企業で興行を行っているサーカス団は現在2団体(ポップサーカス・木下大サーカス)しかなく、イベントの中でも珍しい大型イベントになるかと思われ楽しみだ。

 

空調完備のベビーベッドがある個室も設置予定で、授乳やおむつ交換に利用できるなど子供連れでも安心して行ける配慮もされるとのことだ。



タグ : , , , , , ,