2018年06月18日 | イベント

移住体験前と後の北九州市のイメージの違いは?参加者アンケート





既報の、すごいスピードでモニターツアーの申し込みがあり、あっという間に定員に達してしまった、北九州市「くらし体験ツアー」2泊3日が開催された。(写真は北九州市提供)

 

これは、「テレビ東京」で放送された、既報(YouTube動画有り)の「厳選いい宿」特別編~おためし!移住体験~「便利で暮らしやすい街No.1 福岡県北九州市」の番組最後に紹介された、北九州市「くらし体験ツアー」2泊3日への参加者募集に当選した家族が参加したイベントだ。

 

移住体験ツアーの

1日目は、名産のたけのこ狩り~地元食材フレンチ~門司港レトロ街歩き~田舎庵の絶品うなぎ

2日目は、小倉歴史・文学散歩~旦過市場~工業地帯クルーズ・西日本工業倶楽部~料亭伯翠庵

3日目は、河内藤園~お試し居住用住宅見学~もやい聖友会~和菓子屋きくたろう

 

ツアー参加者のアンケートでは、参加前の北九州市のイメージは「工業地帯」、「明治以降の産業を支えてきた街」という意見が大半だったが、ツアー後には、思っていたより都会、田舎すぎず、人が暖かく、野菜も魚も食べ物がなんでも美味しく、海がきれいで、生活しやすそう、住むには良い街だと思ったなどの意見をいただき、もっとゆっくり見たいと思ったという方や、ぜひ体験移住をしたいという方など、アンケート用紙にびっしり感想を書いてくださっていた。(アンケート内容は北九州市提供資料より抜粋)

 

また、北九州市「くらし体験ツアー」2泊3日の募集を行った「厳選いい宿」で過去に予約をしたことがありますか?という問いかけには、今回が初めてという方が大半で、他地区の移住体験ツアーに参加したことがありますか?という質問には、ほぼ全員が北九州市の移住体験ツアーが初めてと回答しており、現在北九州市が移住先として注目が集まっていることと、本当に北九州市への移住に興味を持っている方々が参加したということがうかがえる。

 

今回は、テレビ東京の番組内で募集したということもあり、関東地方からの参加者のみだったが、これを機に北九州市の住みやすさを実感してもらい、全国からの移住者が北九州市に集まることを期待する。



タグ : , ,