2018年11月09日 | イベント

「TDY九州リモデルフェアin福岡2018」 開催





TOTO株式会社(東証1部・名証1部・福証上場、北九州市小倉北区)、大建工業株式会社(東証1部上場、大阪市北区)、YKK AP株式会社(東京都千代田区)の3社は、10月12日、13日の2日間にわたりレベルファイブスタジアム(福岡市博多区)にてリモデルの楽しさや広がりを体験できるフェアを開催した。

 

(写真は左からTOTO株式会社 執行役員 山田 幸司九州支社長、大建工業株式会社 大久保 通隆九州支店支店長、YKK AP株式会社 岩田 秀和九州支社副支社長)

 

 

【今年で17年目を迎えたTDYアライアンス 3社スクラムは“モノ”から“コト”へ】

リモデル需要に向けた商品企画・開発販売支援体制の構築について業務提携を締結し、国内業界の大手3社がスクラムを組んだのが平成14年。「常にお客さまの暮らしの価値を向上できる最高位のグループであること、社会貢献、ブランド強化を通じて永続的に事業収益を獲得すること」を理念とし、「リモデル需要の創造(市場拡大)、リモデル分野での競合優位(シェア拡大)、お客さま満足の実現(お客さま維持拡大)、空間発想のリモデル提案(お客さま誘引)」を目的に、3社で協業を進めている。各社の頭文字からとった“TDYアライアンス”だ。

 

 

平成16年のTDY広島を皮切りに高松、札幌、大阪、福岡、東京、横浜、静岡、名古屋、金沢、熊本、新潟の全国各地にコラボレーションルームを開設。同じく平成16年から“リモデルスタイルフェア”をスタートし、隔年で開催。平成20年からは、住宅の質と性能を「健康配慮」「長持ち住宅」「CO2削減」の視点で、住宅リモデル向上につなげる「グリーンリモデル」を提唱したことから“グリーンリモデルフェア”となり、更に今年からは“TDYリモデルコレクション”に改名し、新しい大規模フェアへと更なる進化を遂げている。

 

コンセプトは、商品提供(モノ)から空間提供(コト)で、従来の「古くなったから」「老後に備えて」「寒いから」といった“○○だから”という概念から「家にいながらも自然やガーデニングを楽しみたいから」「ペットと暮らしたいから」など“○○したい”というコト実現のためのリモデル提案を強化。リノベーション旋風による中古住宅を購入する若年層の増加などリフォーム需要の変化に応えるべく、お客さま、元請店さまにリモデルの“気づき”を得てもらうフェアへと変化し更なる飛躍を目指している。

 

 





【テーマは“十人十家” 目標を大きく上回る約6,500名を集客】

10月12日、13日の2日間、レベルファイブスタジアムにて「TDY九州リモデルフェアin福岡2018」が開催された。今回のテーマ“十人十家”は、実現したいライフスタイルは人それぞれで、10人いれば10通りの暮らしへの思いがあり、リモデルで自分の夢や理想の暮らしをかなえられる楽しさや広がりを感じてもらいたいというもの。

 

5月に幕張で開催された「TDYリモデルコレクション2018」と連動テーマになっており、そこで展示された10通りの空間のうち、来場者アンケートでも好評だった「自然を楽しむ~太陽と風と仲良くすごす家」をテーマとした空間が展示され、旭化成建材㈱、㈱コロナ、西部ガス㈱、ダイキンHVACソリューション九州㈱、立川ブラインド工業、㈱ノーリツといった有名企業が協賛した。

 

入場料無料のうえ、地下鉄・福岡空港駅から会場までの無料シャトルバスも運行するなど手厚い対応がなされ、5,000名の来場を目標としていたが、結果は大きく上回り約6,500名を集客。その注目度の高さがうかがい知れる盛況ぶりであった。

 

【コトに対する“3社の想い”】

取材当日は、マスコミ各社へエリア責任者であるTOTO㈱執行役員九州支社・山田支社長、大建工業㈱九州支店・大久保支店長、YKK AP㈱九州支社・岩田副支社長への囲み取材およびフォトセッションが行われたが、あるテレビ局記者からの質問に対する山田支社長の回答が興味深かった。実は会場となったレベルファイブスタジアムがスポーツ以外で利用されるのは、今回が初めてのこと。「なぜこの会場を選んだのですか?」という問いに対し、福岡で開催したかったことや、TOTO㈱がスポンサーとなるラクビーワールドカップが3試合行われること、「どうしても秋にやりたい」という想いなどが説明されたが、最後に「工夫すればうまくやれるのです! 今後もいろいろな方々が、うまく利用されることを期待しています」と満面の笑みをこぼした。この一言に既成概念にとらわれない“3社の想い”を感じた。

 

そもそもTDY3社の歴史に資本関係は存在しない。アライアンス推進の体制大綱は、商品企画開発、販売促進、コミュニケーションなどの会議の場があり、最高承認機関として「TDY会議」、各会議の横串連携や活動テーマ取りまとめをアライアンス推進事務局が行っている。同じ住宅資材とはいえ、水まわり、建材、窓と異なる3社の共通キーワードは“モノづくりに対する想い”であり、1社単独では実現できない物事などに対し、各社商品やノウハウで対応する協業体制で相乗効果を高めている。年々活動はスムーズになってきており、セールス同士の連携もあるという。“うまく工夫すればやれる”ということを実証しているのだ。

 

求められるニーズの変化、日進月歩での商品高性能化など物事が足早に移り変わる中、固くつながるTDY3社の歩みは止まらず、今後更にブランド力を高めていくであろう。看板やポスター、パンフレットなどにはテーマ“十人十家”が大きく押し出されていたが、その下に小さく遠慮がちに書かれているサブタイトルに“コトに対する3社の想い”が込められていた。「くらしの想いをわたしらしく」。

 

 

ご覧のサイトは「みんマイ(みんなのマイリビング)」のホームページです。

「みんマイ」は、北九州市唯一の月刊無料住宅情報誌で、小倉駅中央改札口前や、小倉井筒屋正面玄関内、リバーウォーク北九州内のレガネットキュートなどにラックを設置して無料配本しています。

みんマイの配本ラックは、その他、北九州市内とその周辺の百貨店、スーパーマーケット、全モノレール駅、主要JR駅、北九州市内企業、工場の社員食堂等、また北九州市東京事務所にも設置させていただいます。

 

分譲マンション販売センター等へお問い合わせの際は、「みんマイを見た」と言って連絡して下さい!

 

行かれた際のアンケート用紙には、「みんマイ(minmy)を見て」とお書き下さい。お書きいただいたご家族の方には、その場で、みんマイとギラヴァンツ北九州がコラボした「数量限定の非売品クリアファイル」をプレゼント中です。(営業担当の方にお申し出ください。数量限定のため品切れの際はご容赦ください。)

 

さらに、ギャラリーに行かれた感想をお送りいただいた方には、QUOカード1,000円分をプレゼントします。

詳しくはこちら☞「モデルルーム・モデルハウス行ってみた体験談募集」

 

当ホームページでは、北九州エリアで現在販売中及び販売予定の全分譲マンションを掲載しています☞「北九州エリア分譲マンション全一覧」

 

みんマイは電子ブックも無料公開中!

 

 

地域で安心して暮らすために

自治会・町内会に入りましょう!

北九州市 自治会・町内会情報ポータルサイト

 

上記事は取材日時点の状況です。



タグ : , , , , ,