2019年11月07日 | イベント

北九州公演が実現!大手芸能事務所と大学の初のコラボレーション!


日本経済大学(所在地:福岡県太宰府市、学長:都築 明寿香)は、昨年博多座で開催した50周年記念イベントに続き、学生を主体にした舞台「日経大シアター2019『福岡ラプソディ』」の開催を決定。

今回、上演される「日経大シアター2019『福岡ラプソディ』」は、芸能の世界を目指して勉学に励む学生達にとってはまさに晴れ舞台。日本経済大学 芸創プロデュース学科の学生達と高大連携校である福岡県立ひびき高等学校(北九州市戸畑区)の学生が、出演者やスタッフとして運営に参加します。

また一流の舞台へ昇華するべくプロのメンバーとして、脚本家には気鋭の作家・丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)さん、演出家には菜月チョビ(劇団鹿殺し)さんを迎える。さらに舞台を彩る豪華ゲストとしてホリプロより、宮澤佐江さん・つぶやきシローさん・上田堪大さんの3名が出演。演劇・ダンスをふんだんに取り入れた、かつてないエンタテインメント作品となっています。

【日 時】2019年12月24日(火)
【会 場】北九州芸術劇場 大ホール
(福岡県北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11 リバーウォーク北九州内)

宮澤佐江(みやざわ さえ)
2016年にAKB48グループを卒業後、女優業を中心に幅広く活動。主な出演作は、ミュージカル『王家の紋章』(初演2016年、再演2017年)、『ピーターパン』(2017年、2019年)、地球ゴージャス『クザリアーナの翼』(2014年)『ZEROTOPIA』(2018年)、テレビドラマ『おっさんずラブ』(2016年)など。2020年2月から始まるミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』Season2では、アニータを演じる



タグ :