2017年11月14日 | 戸建て

車の電気を家で 太陽光発電した電気を車に


サンヨーホームズ株式会社は、エネルギーのスマート化に伴い、次世代自動車として電気自動車の需要が高まるなか、電気自動車と住まいが連動することで可能となる新たな暮らし提案「life style KURASI’TE(ライフスタイルクラシテ)~V2Hで変わる暮らし」を、2017年(平成29年)10月14日(土)から販売開始した。(イメージはサンヨーホームズ提供)

 

V2Hとは、Vehicle to Homeの略称で、電気自動車(EV)が蓄電池に蓄えた電力を家庭用電力として利用することだ。

 

今回、サンヨーホームズが新提案しているのは、クルマの電気を家の電気に利用して、さらに太陽光で発電した電気をクルマの電気に利用するという画期的なシステムだ。

 

サンヨーホームズは、『現在、太陽光発電システム普及に伴う自家消費促進のための蓄電池需要の高まり、世界的な次世代自動車への移行、また、防災対策やピークシフトなどへの対応として、社会全体として電力を中心としたエネルギーのスマートな利用が望まれています。当社では、「省エネ(ZEH)」「創る(PV)」「蓄える(EV)」「賢く使う(HEMS)」で無理なく快適な住まい。さらに、家と人が繋がる事でワンランク上の年単価がお得な、快適で、安全な暮らしを実現します。』としている。

 

V2Hを利用することで、エネルギーの自給自足が実現でき、家計にも地球にも優しい、安全で安心な生活ができるようになると思われ、今後さらに普及が進むのではないだろうか。

 

北九州市の方のお問い合わせは、サンヨーホームズ株式会社九州支店戸建営業部北九州営業所(TEL:0120-3434-98)。

お問い合わせの際は、「みんマイを見た」と言っていただければスムーズです。

 

「みんマイ」は読者の皆様からの情報を受け付けております。

情報をご存知の方、取材して欲しい情報等がございましたら、こちらよりお願いいたします。

すべての問い合わせに回答できかねる場合がございますことご了承下さい。



 

タグ : , , , , ,