2018年07月18日 | 戸建て

3月廃校「啓知高校」(門司区)解体跡地開発計画


跡地は何になるのか?

 

既報で、今年2018年(平成30年)3月末で廃校になった、「啓知高等学校」(北九州市門司区原町別院15-3)の解体工事が進んでいる。(写真は7月18日撮影)

 

JR門司駅から徒歩圏内で、門司区の閑静な住宅地にあったため、跡地利用に関心が集まっていたが、2018年(平成30年)6月29日(金)、福岡県に申請された開発許可申請によると、申請者は積水ハウス株式会社、開発面積は8,217㎡、目的は戸建住宅・事務所だ。

 

関係者に聞くと、30区画程度の戸建住宅用地を分譲計画中とのことで、かつては賑わいを見せていた別院通りにも活気が戻ることが期待される。

 

上記事は取材日時点の状況です。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , ,