2018年05月16日 | 暮らしの情報

北九州市が7年連続12回目の1位「次世代育成環境ランキング」



第13回目となる2017(平成29)年度の「次世代育成環境ランキング」で、また北九州市が第1位を獲得した。

 

北九州市の全国政令指定都市第1位は、今回で7年連続、全13回中12回が第1位という快挙だ。

 

調査を行ったのは、東京都で男女共同参画社会形成のために市民活動をしている「特定非営利活動法人(=NPO 法人)エガリテ大手前」で、次世代育成環境(出産、乳幼児保育、児童福祉、児童養護、児童保育、母子福祉、小児医療など)は、自治体間に相当の格差が見られることから、「市民による健全な監視役」として、各都市の環境評価を行うことで、自治体の動機付けと一般市民の意識向上に寄与する「頑張っている自治体の私設応援団」となることを目指すことを目的としている。

 

東京23区と地方自治法の定める政令指定都市と中核市の合計90都市を対象に、各種統計データなどを当NPO独自の基準で評価した結果、北九州市は政令指定都市の第1位だった。

 

北九州市の都市ブランド戦略担当は、「NPOエガリテ大手前が発表する次世代育成環境ランキングで北九州市が政令市の中で7年連続12回目となる1位を獲得しました。部門別には出産環境・児童保育・小児医療の部門でも1位を獲得しています。北九州市の子育て環境が気になった方、北九州市のことが少しでも気になる方は移住セミナーや移住相談へぜひお越しください!」といしている。

 

昨年の記事はこちら→「次世代育成環境ランキング”も”第1位」

北九州市は、定住・移住を強力に推進するため、市外から移住する世帯等に対し、住宅を取得又は賃貸する費用の一部を補助する推進事業を行っている。

補助金額は、賃貸の場合で最大20万円、持ち家の場合で最大50万円だ。

一定の要件があるので、詳しくは「みんマイ」を見て欲しい。

「みんマイ」が、どなたでも取得できる設置場所はこちらだが、北九州市内が中心なので、市外の方は北九州市が募集している、「北九州市すまいるクラブ」(北九州市への定住・移住を希望・検討されている皆さま)に登録すれば、北九州市からの情報と一緒に「みんマイ」を同封でお送りさせていただいている。

 

また、「みんマイ」は電子ブックも無料公開中だ。

 

 

関連記事→「北九州市 奨学金返還支援事業開始」

こっちも読んでね→「福岡市に比べて家賃は?仕事は?北九州市」

 

「みんマイ」は、「住むなら北九州市!応援団体」に登録しています。

これは、北九州市と一緒になって、北九州市に定住・移住される方の応援をしたい!定住・移住促進のため、北九州市の魅力を情報発信したい!市と一緒に、定住・移住促進事業に取り組みたい!といった企業・団体です。

具体的な活動としては、市のホームページと相互リンクし定住・移住に向けた情報を発信したり、「みんマイ」を市外から北九州市へ移住検討されている方々へ提供していきます。



タグ : , , ,