2018年08月25日 | 暮らしの情報

平成30年7月豪雨災害見舞金支給(北九州市)




北九州市社会福祉協議会・北九州市では、平成30年7月豪雨で、被災地から北九州市に避難している方々、及び、北九州市で被災して避難している方々に対し、被災された方々の生活再建と平成30年7月豪雨災害で被災された方々を北九州市民が一丸となって支えるため、「北九州市社会福祉協議会 絆プロジェクト基金」を活用して支援事業を行うことを発表した。

 

伴い、2018年(平成30年)8月23日(木)から北九州市保健福祉局地域福祉推進課及び各区コミュニティ支援課で支給申請受付を開始する。

 

(1)目的

平成30年7月豪雨において建物損壊などの被災により長期間にわたる避難生活の苦難の中におかれた被災者を支援するため、見舞金を支給するもの。

 

(2)対象

下記①、②のいずれかに該当する方に支給します。

① 北九州市外で被災し、被災から1か月を経過する日までの間に北九州市に避難しており、北九州市内で1か月以上避難生活をしている世帯の被災者のうち、被災時の住まいについてり災証明を受けている方

② 上記以外の北九州市民で、被災から1か月を経過する日までの間に避難しており、1か月以上避難生活をしている世帯の被災者のうち、被災時の住まいについてり災証明を受けている方

※り災証明が交付される程度であれば被災の程度は問いません。

 

(3)支給受付期間

発災後6か月間(平成30年8月23日~平成31年1月5日)

 

(4)見舞金支給額

被災時の1世帯につき10万円

 

(5)見舞金申込み方法

・被災者が見舞金支給申請書、り災証明、公的賃貸住宅(市営住宅、市住宅供給公社、県営住宅、県住宅供給公社、UR都市機構)以外で避難生活している方は誓約書を各区役所コミュニティ支援課に提出。または、地域福祉推進課へ郵送も可。(申請書類は、各区役所コミュニティ支援課に設置)

 

(6)見舞金の支給

北九州市から進達を受けた北九州市社会福祉協議会が見舞金支給を決定し、被災者が指定する口座に振込む。

 

上記事は取材日時点の状況です。



タグ : , , , ,