2018年01月23日 | マンション, エリアニュース

スペースワールド駅近くに14階建て分譲マンション計画


戸畑バイパス西交差点前で、JRスペースワールド駅が最寄り駅となる新規分譲マンション「(仮称)オークランド中央2丁目」(北九州市八幡東区中央2丁目11)の建築計画が進行中だ。(写真は2018年1月19日撮影)

 

計画では、建築主は株式会社オークラ、敷地面積827.33㎡、鉄筋コンクリート造地上14階(中高層建築物の高さ45.22m)、建築延べ面積3,621.04㎡、住戸数37戸、用途は共同住宅(ファミリー型分譲)、2018年(平成30年)3月20日着工予定、2019年(平成31年)8月31日完了予定となっている。

 

八幡東区のアーケードのある中央町商店街のすぐ近くで、北九州市八幡東区役所や製鉄記念病院、市立大谷球場、北九州市立いのちのたび博物館なども近く、ベスト電器八幡本店、ディスカウントドラッグコスモス東田店の目の前、イオンモール八幡東、JRスペースワールド駅も徒歩圏内と便利が良い場所に、新築の分譲マンションが誕生する。

 

「みんマイ」では、読者の皆様からの情報を募集しています。

自薦他薦問いませんので、お問合せよりお申込み下さい。

取材にはお時間をいただく場合や対応できない場合もございますがご了承下さい。



タグ : , , , , , ,